農福連携(のうふくれんけい)とは

農福連携とは、障がい者(や高齢者や生活困窮者等)が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取り組みです。

農福連携に取り組むことで、障がい者等の就労や生きがいづくりの場、輝く場を生み出すだけでなく、農業の担い手不足や高齢化が進む農業分野において、新たな働き手の確保につながる可能性もあります。

リトリートフィールドでは、ひきこもりや不登校、社会の中で上手く生活できず困難さを抱え過ごしている方たちの拠り所、挑戦する場所、さらにさまざまな経験ができる場所として、畑(農業)を活用していただきたいと思っています。
 

農福連携~リトリートフィールド~
農福連携~リトリートフィールド~

ニーズに合わせて取り組める

リトリートフィールドで行う「農業」は、農園の作業を基本とし、加工品作業、施設外就労作業などもあります。
さまざまな作業がありますので、特性に応じて取り組むことができます。

無理をして取り組むのではなく、自然と気力が沸き、自然と通えるような場所となるよう支援・サポートしていきます。
必要な方には、通院同行や服薬管理のサポートはもちろん、その方のニーズに合わせ、職場体験や実習、通院同行などのサポートも行い、臨機応変な支援に取り組みます。

リトリートフィールド

農福連携~リトリートフィールド~