ジャガイモの「芽かき」の理由とやり方🌱

ジャガイモの芽かき

ジャガイモは競合によって芋の数が制限され、面積当たりの収量がおおよそ決まっています。

ジャガイモはふつう5~6本の芽が出てきます。すべての芽を成長させると、芋の数は多くなりますが、小さくなってしまうので、芽かきをします。

一般的に、茎の丈が10cmほどに伸びたころに、太くて丈夫な茎を2~4本だけ残し、ほかの茎をかきとります。

芽かきは収量に影響する重要な作業です。芋のできる仕組みを理解して、かならず行いましょう。

芽かきをする理由

種芋を植えると、芽が伸び、20~30日後には出芽(地上に芽が出る)し、地下の茎からはストロンというわき芽が伸びます。

ジャガイモはこのストロンの先が肥大したもので、地中で太った茎です。

茎の数が少なければ、わき芽であるストロンも少なくなり、芋は大きく育ちます。

茎の数が多ければ、ストロンも多くなるため、芋は小さくなります。

芋の数が少なくても、大きい芋をとりたければ、芽を1本にします。

小さな芋を数多くとりたい場合は、芽かきをせずに栽培するとよいでしょう。

一般的には2~4本残し、利用しやすい大きさの芋をたくさんとります。

芽かきのやり方

芽かき前

芽が10cmほどになったら、芽かきの適期です。

太くて丈夫そうな(元気な)芽を1株当たり2本~4本残し、ほかはかきとります。

種芋が抜けないように、傷つけないように注意し、残す芽の株元を手でしっかり押さえます。

もう一方の手で、取り除く抜く芽の根元を持ち、倒しぎみにしてゆっくり引っ張り、基部から抜き取ります。

一気に引き抜いたり、先端を持って抜くと、茎が折れてしまいます。

また、株元をしっかり押さえていないと、種芋ごと抜けてしまうので注意しましょう。

芽かき後

《イチからわかる野菜の育て方》さん参照😊