野菜を育てるのは土、人を育てるのも土

こんにちは、スタッフあかりです。

田舎で生まれ育ち、家のまわりは農家が多かった幼少時代。
子どもの頃の遊び場所はもっぱら田んぼで、春になると毎日のようにレンゲ摘みをしていました。
(いま思うと、勝手に田んぼに入ってたのによく農家さんに怒られなかったなぁ・・・)

田んぼ以外でも、竹やぶを探検したりどぶ川を裸足で歩いたりと、自然の中で土に触れて遊んでいました。

その頃は、外に出ると当たり前のように土があり、すぐ土に触れられる環境にあり、土の重要性など考えてもいませんでした・・・。

 

そして時代は変わり、山はどんどん切り開かれ、田んぼがマンションになり・・・。
現代社会において私たちは、土と触れる時間がどんどん減ってきていますね。

でも、じつは「土」こそが野菜、そして私たちの心と体を元気に育ててくれる地球の大切な宝物なのです。

 

 

自然栽培の野菜の美味しさの秘密は・・・

 

昔、ある人から無農薬・無肥料の自然栽培で育てたほうれん草をいただきました。
見た目からもいつものほうれん草とは違って茎がしっかりしているし、葉っぱもシャッキリ。
そして何より、油でサッと炒めて食べたときの美味しかったこと!あのときの感動は、いまでも忘れられません。

ほうれん草独特のえぐみ?味が少々苦手な私。
「えっ!?ほうれん草って、こんなに美味しいの!??
苦手なえぐみは全くないし、茎はシャキシャキしてるし、別の野菜みたい!
これからずっとこのほうれん草が食べたい!」

自然栽培のほうれん草の美味しさに、完全ノックアウトされました。

そんな体験をしてからは、自然栽培のお野菜を食べる機会が増え、家のプランターでプチトマトを育ててみたり(これまた美味しいのです♪)。

そうして時は過ぎ・・・牧野リトリートフィールドの畑の栽培方法を知ったとき、また感動したのです。

 

 

野菜を育てるのは土

 

野菜の栽培にはいろんな方法があります。

まず、大多数の農家さんで行われているのが慣行栽培。
病害虫から野菜を守るために農薬を使ったり、除草剤を使ったり、生育を促進するために化学合成肥料を使って野菜を育てます。
戦後の食糧危機の時代において、慣行栽培による大量の野菜収穫は、日本の食卓を支えてきた栽培方法ですよね。

ほかに、堆肥など自然の肥料を使う有機農法などもありますが、牧野リトリートフィールドではそのどちらでもない自然な栽培方法【農薬も化学肥料も使わない自然栽培】で野菜を育てています。

 

自然栽培では基本的に、畑に生えた雑草は抜かずそのままの自然の状態にしています。
野菜のまわりで放っておいた雑草や落ち葉などが枯れて栄養分となり、土の中に蓄えられますので、自然栽培の土は栄養満点☆微生物いっぱい、地球のエネルギーいっぱいの土になります。

 

 

自然栽培の畑で育つ野菜は、肥料を与えられないため自分の力で土に余りある栄養分を吸収しようと、がっちりした根をはります。
その立派な根っこで、栄養満点の土の中に蓄えられた自然の栄養分をぐんぐんと吸い上げるのです。

農薬や除草剤、肥料を使わない自然栽培は、とっても手間暇がかかる栽培方法なのですが、その分、土は自然の力で微生物たっぷり・栄養満点の土となりますし、野菜は自らの力で栄養を吸収できるパワー溢れる野菜へと育ちます。

ここが自然栽培のすごいところだなーと心から感動しましたし、牧野リトリートフィールドの野菜づくりに携わることで、改めて土の大切さ、そして土を活性化させるためには微生物がカギを握るということも知ることができました。

土・人・微生物

野菜を美味しくするのは「土」、それも、微生物が豊富な土。
微生物がたくさん棲んで活性化すればするほど、栄養素がたっぷりのふかふかの良い土になります。そして、その土の中の栄養素を植物が吸収するので、美味しくて栄養満点の野菜が育ちます。

生命の進化の歴史から見ると、微生物は私たちの祖先ともいわれ、地球、そして私たちと深く関わっています。地球も植物も私たち人間も、じつは微生物たちに守られて生きている・・・。

私たちが元気でいきいきと生きていられるのは、微生物たっぷりの土があるからなのですね(^▽^)

 

昔に比べ、自然の中で過ごす時間が減ってきたので、たまに自然たっぷりの場所に行くと心が透き通るような、体全体が浄化されているような気分になりませんか。

それはきっと、自然の中に生きている活性化した微生物たちの力が大きいのではないかと思います。微生物が活性化している場所ほど、居るだけで心地よく心身が癒されるのだと思うのです。

日々の生活に疲れてしまったときは、もしかしたら自分の微生物が少し元気がないのかもしれません。
そんなときは、気分転換に外を散歩したり山に登ってみたり、自然の中に行って土を触ってみるのもいいですね。

 

 

自然の中で、あなたの微生物も活性化☆

 

兵庫県姫路市 牧野リトリートフィールドでは、【フィールド(農園)セラピー】を随時受け付けています。
素手で野菜を収穫したり裸足で歩いてアーシングしたり・・・。

畑で土に触れることで、あなたの微生物も活性化して元気が出ます。

いま、何かで疲れてしまっている方、子どもの頃や元気だった頃を思い出しながら、自然の中でリフレッシュして本来のご自身を取り戻していただけるといいなと思います。